【イベント開催】1月22日 農業・地域を応援!シンポジウム&視察 in 興部

『バイオガスから始まる地域振興 ~酪農業を支えるバイオガス事業の展望』

Post date: Dec 13, 2018 AM

農業・地域を応援!シンポジウム&視察 in 興部

『バイオガスから始まる地域振興 ~酪農業を支えるバイオガス事業の展望』

酪農・畜産業における家畜ふん尿の処理にバイオガスプラントを活用することによって、ふん尿の適正処理から自然環境の保全、エネルギー生産など、地域への多面的効果が期待できます。

今年度、北海道再生可能エネルギー振興機構では道内3か所(稚内市・釧路市・八雲町)にて畜産振興・地域づくりへとつながるバイオガスプラントについてセミナーを開催し、バイオガスプラントの効果の紹介とともに地域の課題について各地の声をいただきました。

この度、町としてバイオガスプラント活用を推進しており、バイオマス産業都市である興部町にて、新しい酪農・畜産業の展開を考え、北海道でのバイオガスプラントの位置づけと運用について議論を深めたいと思います。

[日 時] 2019年1月22日(火)

視察(興部北興バイオガスプラント)11:00~12:30

シンポジウム 14:00~16:50

[参加費]視察、シンポジウムともに無料


<視察> ※現地集合/現地解散、要事前申込み

※屋外見学が基本となりますので防寒の用意をお願い致します。

[集合時間] 1月22日(火) 10:50

( 1月22日 11:00~12:30 での参加が難しい場合、翌日23日(水) 9:30~10:30にて対応可能です。事前にご相談ください。)

[集合場所] 興部北興バイオガスプラント(紋別郡興部町字北興129番地1)

0158-85-7133

[視察内容] プラント概要説明~プラント構内施設見学


※引き続き、シンポジウムへ参加される方で昼食のお弁当(1000円(税込)・ 飲み物付き)を希望される方はシンポジウム会場にて12:30~お渡し致しま す。1月17日(木)までにお申込みください。


<シンポジウム>

[会 場]興部町 中央公民館 講堂 (紋別郡興部町仲町)

[プログラム]

・ 基調講演 「 畜産バイオガス事業の推進と今後の展望 」

農林水産省 食料産業局 バイオマス循環資源課長 片貝 敏雄 氏

・「町営バイオガスプラント導入による地域づくり」

バイオマス産業都市推進協議会会長 興部町長 硲 一寿 氏

・ 「バイオガスプラント 消化液の効果 6つのポイント 」

北海道バイオガス研究会会長 帯広畜産大学教授 梅津 一孝 氏

・ 「農村が求めているバイオガス像 」

バイオマスリサーチ株式会社 代表取締役 菊池 貞雄 氏

パネルディスカッション・全体質疑応答

◇お申込方法: 下記申込みフォームより、必要事項を記載の上お申込ください。

申込みフォーム ➡ 【こちらをクリック】

または、下記申込み先(FAXまたはEmail)へ「シンポジウム」 「視察」のどのイベントに参加されるか、お名前・ご所属・電話

番号(当日連絡のつくお電話番号)・メールアドレス、お弁当を希望の方はその旨をお申込み下さい。


◇申込締め切り:1月21日(月)まで ※お弁当の希望は1月17日(木)まで


◇お申込み・お問い合わせ先: 一般社団法人 北海道再生可能エネルギー振興機構 事務局:田原

TEL: 011-223-2062 FAX: 011-223-2063 Email: info@reoh.org


[主催] 一般社団法人北海道再生可能エネルギー振興機構・北海道バイオガス研究会

[後援] 農林水産省北海道農政事務所・北海道・興部町・北オホーツク農業協同組合・オホーツクはまなす農業協同組合

[協力] バイオマスリサーチ株式会社・ 特定非営利活動法人コミュニティシンクタンクあうるず

▶ご講演者について

・片貝 敏雄 氏 (農林水産省 食料産業局 バイオマス循環資源課長)

平成5年農林水産省入省。内閣官房TPP等政府対策本部参事官等を経て現職。バイオマス産業都市の推進を含む農山漁村・食品産業に由来するバイオマス・再生可能エネルギーの活用推進や、食品廃棄物等の3Rの取組等の推進を担当。


・硲 一寿 氏 (バイオマス産業都市推進協議会会長 興部町長)

平成15年、興部町長に初当選し現在4期目。酪農専業地域であることから家畜ふん尿を活用したバイオマス事業の展開を目指し、平成26年バイオマス産業都市の認定を受け、平成28年に町営バイオガスプラントが完成・稼動中。平成26年に発足したバイオマス産業都市連絡協議会(平成30年11月より推進協議会に改称)の会長に就任。


・梅津 一孝 氏 (北海道バイオガス研究会会長 帯広畜産大学教授)

1958年北海道旭川市生まれ。1984年帯広畜産大学畜産学研究科修了。帯広畜産大学畜産学部 助手、帯広畜産大学畜産学部 助教授を経て、2007年より帯広畜産大学大学院畜産学研究科 教授。専門分野は畜産衛生工学、バイオマスエネルギー変換工学、畜産環境工学。帯広市環境審議会会長、地域新エネルギービジョン策定委員会委員長等を歴任。


・菊池 貞雄 氏 (バイオマスリサーチ株式会社 代表取締役)

1957年2月帯広市生まれ、地元高校を卒業後、立命館大学産業社会学部に入学。その後、建設コンサルタント会社で農村づくり計画全般を行い、1997年バイオガスに出会い、ライフワークと決め12年前に起業。2012年にはバイオガス研究で帯広畜産大学大学院畜産衛生学の博士号を取得。ソーシャルファームジャパンの事務局長、日本ロングトレイル協会理事も勤める。

190122 バイオガスシンポジウム in 興部 チラシ.pdf