NEWS‎ > ‎

再生可能エネルギー金融・事業セミナー 「再エネ事業における ファイナンスの重要性」 ~地域と金融機関の役割、ファイナンスの仕組みについて~

2014/02/26 23:05 に 小林ユミ が投稿   [ 2014/12/16 20:10 に 田原沙弥香 さんが更新しました ]
再生可能エネルギー固定価格買取制度(FIT)がスタートし1年半が経過した現在、
地域が主導となる事業を推進し、持続可能な社会を実現するためには、
地域経済の根幹となる地域金融機関の果たすべき役割が重要です。
本セミナーでは、再エネ事業におけるファイナンスの課題や現状、
そして、課題解決に向けた具体的な取組みや展望を、
実務の専門家の視点から解説していただきます。皆様のご参加をお待ちしております。

◆日時平成26年3月27日(木)10:00~12:00(受付9:30~)
◆会場かでる2・7大会議室 札幌市中央区北2条西7丁目道民活動センタービルTEL011-204-5100
◆参加費無料(北海道再生可能エネルギー振興機構会員以外の方は資料代1,000円を申し受けます)
◆定員200名(定員になり次第締め切りとさせていただきますのでご了承下さい)

<プログラム>※講演タイトル、講師は変更になる場合があります。
10:00開会
10:05講演1「グリーンファンドについて」
     【講師】一般社団法人グリーンファイナンス推進機構常務理事豊福嘉弘氏
11:00講演2「再生可能エネルギー事業とファイナンス」
     【講師】NPO法人再エネ事業を支援する法律実務の会代表弁護士水上貴央氏
12:00閉会

法人概要・講師紹介
一般社団法人グリーンファイナンス推進機構
平成25年5月8日設立。環境省の「地域低炭素投資促進ファンド創設事業」の基金設置法人に選定され、地域の低炭素化プロジェクトに対する出資事業(グリーンファンド)を展開している。代表理事は末吉竹二郎氏。
水上貴央氏
銀行系シンクタンク勤務を経て弁護士登録。再生可能エネルギーの事業リスクや法的リスクを解説するセミナーが各地で好評。地方自治体による再エネ事業推進委員会の委員も複数務める。

<参加申込方法>
メールの件名に【再エネ金融・事業セミナー】と明記の上、
①氏名、②団体名・所属、③参加人数、④連絡先TEL、⑤メールアドレス、⑥会員種別をお知らせください。

Ċ
小林ユミ,
2014/02/26 23:05
Comments