NEWS‎ > ‎

【イベント開催】3月14日「北海道小水力フォーラム2017」

2017/02/23 19:14 に 島畑淳史 が投稿   [ 2017/02/23 19:15 に更新しました ]
  北海道小水力フォーラム2017  

 太陽光、風力、小水力等の再生可能エネルギーは、「地域活性化」の手段と
してその利用が注目されています。かつて開拓時代の北海道では、身近な水で
電気をつくる「小水力発電」が積極的に導入され、100を超える発電所が稼働して
いました。
 昨年、地球温暖化防止に向けた新たな枠組み「パリ協定」が発効され、国際的
には大きな一歩を踏み出しました。エネルギーを取り巻く情勢が転換期を迎える中、
北海道では何ができるのか?地域主導の再エネ事業はどのような意味を持つのか?
持続可能な安定電源としての小水力発電にはどのような活用方法があるのか?
古くて新しい「小水力」の世界を覗いてみませんか。
 本フォーラムでは、北海道で小水力発電事業を行うための技術、ファイナンス、
合意形成等のノウハウを紹介します。また全道的なネットワークを構築し、小水力
発電に関する総合的な支援を行うための基盤整備を目指します。


















◇日時:2017年3月14日(火) 13:00~16:40 (開場 12:30)
◇会場:札幌国際ビル 国際ホール
   (札幌市中央区北4条西4丁目1番地 札幌国際ビル8階)
◇定員:120名(お申込み先着順)
◇参加費:無料

◇プログラム:
・基調講演 「住民主体の小水力発電により期待される未来」
      小林 久 氏(茨城大学農学部 地域環境科学科 教授)

・情報提供① 「「小水力発電」を活用した持続可能な地域づくり」
      上山 隆浩 氏(岡山県西粟倉村 産業観光課 課長)

・情報提供② 「地方民間企業の意地 生き残るための水力発電所建設」
      砂子 真輝 氏(株式会社 アルプス発電 小早月発電所 所長)

・情報提供③ 「再生可能エネルギーとファイナンス」
      竹ケ原 啓介 氏(株式会社 日本政策投資銀行 産業調査部 部長)

・パネルディスカッション 
     コーディネーター 鈴木 亨(北海道再生可能エネルギー振興機構 理事長)


◇お申込方法:下記申込みフォームより、必要事項を記載のうえお申込下さい。
  または、FAXまたはEmailにて、「お名前」「ご所属」「電話番号」「メールアドレス」
 を下記申込み先へお送り下さい。

◇締切:3月10日(金) 定員に達し次第、締め切らせていただきます。

◇お申込み・お問い合わせ先:
  一般社団法人 北海道再生可能エネルギー振興機構 事務局:島畑・日下
  TEL: 011-223-2062 FAX: 011-223-2063 Email: info@reoh.org

 本フォーラムは、平成28年度独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金の
助成を受けて実施しています。

[主催] 一般社団法人 北海道再生可能エネルギー振興機構